吉田松陰も絶賛! 伊能忠敬が測量に携帯していた 長久保赤水の赤水図 令和元年記念『改正日本輿地路程全図』原寸大レプリカ(複製図)を千円で販売中!

ここをクリックすると、寛政3年発刊『日本輿地路程全図』赤水図の袋(のし)が表示されます。

 

ここをクリックすると、長久保赤水原寸大レプリカ(複製図)が表示されます。

 

 

吉田松陰も絶賛! 伊能忠敬が測量に携帯していた 長久保赤水の赤水図 

令和元年記念『改正日本輿地路程全図』原寸大レプリカ(複製図)を千円で販売中!

84.6×128.8㎝のものを、10回手織りして寛政3年の袋(のし)に

包んで、大きさは、だいたいB5サイズぐらいです。

折りたたんだまま、見たいところを開いて見ることもできます。

大変、便利で現在の観光マップの先駆けとも言う琴ができる地図なのです。

有名な伊能忠敬の『大日本沿海輿地全図』は、江戸幕府の秘図で明治初年まで

庶民の目に触れることはありませんでした。

これまで殆ど知られていませんが、江戸時代の庶民にとっての日本地図は、この赤水図だったのです。

まさに、明治維新のエネルギーの起爆剤的役割を果たしたのがこの赤水図だったのです。

赤水は、『改正日本輿地路程全図』(日本地図)や『大清広輿図』(中国地図)、

『改正地球万国全図』(世界地図)、『唐土歴代州郡沿革地図』(中国歴史地図帳)、

『蝦夷之図』などを著し、しかも出版されたこれらの地図は、江戸時代の庶民の間に広く普及し利用されました。

さらに、最晩年には『大日本史地理志』の編纂にも尽力しました。

赤浜村(現茨城県高萩市赤浜)の農家に生まれた赤水は、家業である農業をしながら

少しの時間も惜しんで勉強に勉強を重ね、その学問の功績により水戸6代藩主徳川治保公の

侍講(学問の師)に取り立てられた後は、学問以外でも藩主に善政へのアドバイスなどもしていました。

 

発行年月日:令和元年5月1日  制作発行者:長久保赤水顕彰会

問合せ:長久保赤水顕彰会事務局 〒318-0103 茨城県高萩市大能341 佐川 春久

携帯:090-1846-6849 Eメール:haruhisasagawa@yahoo.co.jp

http://nagakubosekisui.org/  定価1,000円+税

 

・長久保赤水関係資料群の国の重要文化財指定を目指します。

・学ぼう赤水を 教科書に載せて 広げよう世界へ

・「ひよっこ」の次は大河ドラマ「長久保赤水伝」を実現しよう。

 

『改正日本輿地路程全図』凡例…『續長久保赤水書簡集」現代語訳より

花押(かおう)

凡例(はんれい) □国名 ○郡名 国界 ―道路 ……郡界

■城下 〇陣屋 ○名所 △古城古戦場 ▲関所

丌神祠  *佛寺  ●湊

一  この図は、曲(ま)がり尺(しゃく)の一寸(いつすん)(約三㎝)が、道のり十里(じゅうり)(約四十㎞)にあたります。距離(きょり)が幾(いく)里(り)あるかは、前後(ぜんご)左右(さゆう)を見て推測(すいそく)してください。しかし、土地の高(こう)低曲直(ていきょくちょく)によって違いが出てくるので、勘案(かんあん)しなければなりません。越後越(えちごご)えの会津(あいづ)通(どお)りや三国(みくに)通(どお)り、或(ある)いは木曽路(きそじ)や熊野(くまの)路(じ)、四国(しこく)遍路(へんろ)などは十里を八分(2.4㎝)や七分(2.1㎝)に見立て逆(ぎゃく)に伊(い)勢(せ)路(じ)は一寸二分(3.6㎝)十里に見積もっています。つまり、平坦(へいたん)な所は長さが延(の)び、高(こう)低曲折(ていきょくせつ)のある所は短くなっている理解して下さい。

一  大きな道でも山川の形勢(けいせい)により曲直(きょくちょく)があるので、同じにはできません。細かく測(はか)りなさい。たとえば絹糸(きぬいと)を道筋(みちすじ)に沿(そ)って置(お)き、その長さを測れば、松前(まつまえ)から長崎(ながさき)までの里(り)数(すう)はその長さに合います。

一  地名(ちめい)の頭の字の所が、その場所(ばしょ)です。一文字(ひともじ)で三里(さんり・12㎞)になります。だから一里より近い所は、名所(めいしょ)であっても省略(しょうりゃく)します。筆が入れられないからです。

一  川筋(かわすじ)の太(ふと)さや神社(じんじゃ)鳥居(とりい)の大きさは実際(じっさい)とあっていません。細かい所は書分(かきわ)けることが難(むずか)しいのです。

一  土地(とち)の遠近(えんきん)を正確(せいかく)にするために、北極(ほっきょく)星(せい)の高度(こうど)を合(あ)わせます。およそ三十二里離(はな)れれば、天(てん)の一度(いちど)になります。だから極(きょく)星(せい)の高低(こうてい)によって南北(なんぼく)の度数(どすう)(緯度(いど))を知り、東西(とうざい)の度数(どすう)(経度(けいど))を推(お)し量(はか)ってください。太陽(たいよう)は一時(いっとき)(二時間)の間に三十度を過ぎます。東海(とうかい)より西海(さいかい)まで天道(てんどう)十度(じゅうど)違(ちが)います。だから東日本(ひがしにほん)の午(うま)の初刻(しょこく)(午前(ごぜん)十一時頃(ころ))は、長崎辺(あた)りでは、巳(み)の下刻(げこく)(午前十時二十分頃)です。海面(かいめん)に方眼(ほうがん)を引きました。土地(とち)の遠近(えんきん)方位(ほうい)もこれによってわかります。

一  海路(かいろ)の距離(きょり)は、図が小さくて書けません。詳(くわ)しいことを知りたい時は、すでに刊行(かんこう)されている増補(ぞうほ)日本(にほん)汐(せき)路記(ろき)があるので、それを見てください。

常州水戸 長玄(ちょうはる)珠子(たかし)玉(ぎょく)父(ふ) 製(せい)  花押(かおう) 花押(かおう)

 

『改正日本輿地路程全図』序文…『續長久保赤水書簡集」現代語訳より

およそ図は、その大切なること、赤水図(せきすいず)より大切なものはない。しかも、またその難しいこと赤水図より難しいものはない。つまり、その大きいものでは、すなわち、体(たい)国(こく)経(けい)野(や)(都市(とし)と村里(そんり)を区画(くかく)経営(けいえい)すること)、控御(こうぎょ)(人々を治(おさ)め取(と)り締(し)まること)、攻守(こうしゅ)(攻め守ること、軍事(ぐんじ))の政治(せいじ)であり、細かいものでは、すなわち、読書(どくしょ)、考古(こうこ)、探勝(たんしょう)(観光(かんこう))、按蹟(あんせき)(史跡(しせき)を調べる)の学問(がくもん)である。だから、一日として欠(か)かしてはいけないものである。しかし、山の背(はい)向(こう)(離(はな)れることと従(したが)うこと)、水(みず)の迂(う)直(ちょく)(曲がっているか真っ直ぐか。流域(りゅういき)の様子(ようす))、わが儕(ともがら)(仲間)孟浪(もうろう)(おろそか。とりとめがない)にして、躬(みずか)ら(自分(じぶん)で)親しくその地を履(ふ)み(歩き)、なおかつ、数歩(すうほ)の外に回転(かいてん)して、すでに茫然(ぼうぜん)として方位(ほうい)を失うばかりである。いわんや天下(てんか)の大山海(だいさんかい)の邈(はるか)(広々(ひろびろ)として遥(はる)かな様子)なることはいうまでもない。苟(いやしく)も曠懐偉(こうかいい)度(ど)(広々とした立派な心。大きな度量)がなければ、四海(しかい)の量(かさ)を領(りょう)略(りゃく)(意味(いみ)を理解(りかい)すること)することはできない。

しかし、縝(しん)密(みつ)精細(せいさい)(綿密(めんみつ)で非常(ひじょう)に詳(くわ)しい)、豪釐(ごうり)(きわめて少ない)を分析(ぶんせき)する明則(めいそく)がある。よくその梗概(こうがい)(あらまし)を尺幅(せきふく)の上に約(やく)略(りゃく)(表現)して差(さ)なし。 長久保(ながくぼ)玄(はる)珠(たか)、字(あざな)は子(し)玉(ぎょく)、常陸(ひたち)赤(あか)浜(はま)の人、飽学(ほうがく)(学問(がくもん)を充分(じゅうぶん)に修(おさ)めている)にして文(ぶん)に富(と)む。また地理(ちり)を窮(きわ)めることを好(この)む。西は肥(肥前(ひぜん…長崎(ながさき))から東は奥(奥州(おうしゅう))に至(いた)り、自分の足で歩きその地に渉(わた)った(水を越えて行った)。居(きょ)常(じょう)(常に)図を歩障(ほしょう)(幕(まく)を張って堺すること。またその物)に貼(は)り、これを座側(ざそく)に置(お)く。およそ雲遊(うんゆう)僧人(そうじん)(行脚(あんぎゃ)僧(そう))、客商(きゃくしょう)行(こう)旅(りょ)の苟(いやしく)もその門に抵(いた)る(至る)者があれば、必ず延(ひ)くに(客を引き入れること)飲食(いんしょく)を以(もっ)てし(もてなし)、ともに障(しょう)前(ぜん)に座(ざ)し、客人(きゃくじん)の郷里(きょうり)及び客人の歴(れき)する(経(へ)回(めぐ)る)所の山川(さんせん)、城邑(じょうゆう)(都会(とかい))、道里(どうり)、険(けん)夷(い)(険(けわ)しさと平らかと)を指問(しもん)し、その或(ある)いは装(そう)して図記(ずき)をもっている者には、必ずこれら図記(ずき)を出させて、これによってすでに親しく観(み)る所、及び載(さい)籍(せき)(書物のこと)に記する所を証(あか)(検証(けんしょう))す。参伍(さんご)考究(こうきゅう)(三々(さんさん)五々(ごご)種々(しゅじゅ)研究(けんきゅう)を深める)二十余年を積(つ)み、以(もっ)て此(この)図(ず)を成(な)す(完成(かんせい)させた)。余(よ)(私は)かつて、余の熟(くわ)しき(良く知っている)地界(ちかい)の所を以(もっ)って試叩(しこう)(試(ため)しに尋(たず)ねてみた)した。子(し)玉(ぎょく)(赤水(せきすい))為にその迂(う)直(ちょく)背(はい)向(こう)、険(けん)易(い)、沃瘠(よくせき)と風俗(ふうぞく)の淳漓(じゅんり)(あついとうすいと。淳(じゅん)厚(こう)と軽薄(けいはく)と)、舟車(しゅうしゃ)(船と車。転じて水陸(すいりく)の交(こう)通(つう)機関(きかん))の通(つう)塞(さい)(航行(こうこう)の便(べん)不便(ふべん))を説(と)くや、歴々(れきれき)と席上(せきじょう)に指画(しかく)(指で描(えが)いて懇(ねんご)ろに示(しめ)し教える)して、皆その委曲(いきょく)(詳しく細やか)を尽(つく)して豪釐(ごうり)も繆(あやま)らなかった。余(よ)、因(よ)って益々(ますます)その他も信じ、かりそめにしなかった。

子(し)玉(ぎょく)、長(たけ)六尺(ろくしゃく)に満たない眇(しょう)然(ぜん)(小さい様)たる小丈夫(しょうじょうふ)、すでにしてその胸中(きょうちゅう)に蔵(ぞう)するところ此のごとし。また畏(おそ)るべきかな。

安永(あんえい)乙未(きのとひつじ)三月阿波(あわの)国(くに)儒者(じゅしゃ)讃岐(さぬき)柴邦彦撰(しばくにひこせん)  花押(かおう) 花押(かおう)   (安永四年…一七七五年、柴野栗山(しばのりつざん)撰)

 

『改正日本輿地路程全図』汐路…『續長久保赤水書簡集」現代語訳より

海の潮(しお)は大地(だいち)の呼吸(こきゅう)である。月の満(み)ち引(ひ)きに随(したが)い、早朝(そうちょう)には潮(しお)という。晩(ばん)には汐(しお)という。しかし、その干満(かんまん)は土(と)地(ち)により異(こと)なっている。時刻(じこく)の遅速(ちそく)に随(したが)って昼夜(ちゅうや)の二潮(しお)がある。或(ある)いは、一潮、三潮、四潮、及び七潮、八潮もある。また海辺(うみべ)に満干(まんかん)が無(な)い所もある。武州(ぶしゅう)江戸(えど)から紀(き)州(しゅう)播州(ばんしゅう)までに、月の満ち欠け、出入(でいり)で大よそのことがわかる。左のとおりである。

○紀伊(きい)の満潮(まんちょう)は、播磨(はりま)の干潮(かんちょう)である。播磨から備後(びんご)までも同じである。備後から長門(ながと)に至(いた)る紀伊に同じである。長門より下(さが)っては、播磨に同じである。紀伊熊野(くまの)浦(うら)から下って肥前(ひぜん)に至るまで紀伊に同じである。

○筑紫(つくし)鐘(かね)岬(みさき)から備中(びっちゅう)白石(しらいし)に至るまで、七十五里。潮(しお)入り来る。筑紫から下関(しものせき)に入り来る。上関(かみのせき)に至り半ば白石に上る。熊野浦から入り来る潮、七十五里。備中白石に至り、筑紫の潮と相合い之を止む。又両方(りょうほう)各七十五里、相引いて分る。

○明石(あかし)の潮。大坂(おおさか)より遅れる事半時(はんとき)ばかり。備前の潮、播磨に遅れる事二時となる。備中の潮、備前に遅れる事一時となる。白石の潮、大坂に遅れる事三時となる。

○北国(きたぐに)は潮の満干(まんかん)、少しばかりある。時(じ)候(こう)に因(よ)りて五日、七日続けて一方に引く。是(これ)を片(かた)潮(しお)と謂(い)う。土地の高下に随(したが)い、同じでない事かくの如(ごと)し。猶(なお)、海辺(うみべ)の老者(ろうしゃ)に推(すい)尋(じん)して、明察(めいさつ)を加えるべきである。   東都(とうと)榊原(さかきばら)隠士(いんし)  考(こう)鐙(しょう)