インフォメーションなど

長久保赤水顕彰会発行の『天文学史と長久保赤水』が、月刊 星ナビ 2024年7月号で紹介されています。

長久保赤水顕彰会発行の『天文学史と長久保赤水』が、月刊 星ナビ 2024年7月号で紹介されています。  「ほんナビ」夜空を見上げた人が生み出したもの(紹介/原 智子)...

続きを読む >>

◆赤水と天文学功績紹介 顕彰会刊 西洋知識地図に活用(茨城新聞/令和6年6月3日掲載)

◆赤水と天文学功績紹介 顕彰会刊 西洋知識地図に活用(茨城新聞/令和6年6月3日掲載)  日本で初めて経緯線の入った地図を完成させた高萩市出身の地理学者、長久保赤水...

続きを読む >>

鎖国下 海渡った日本地図 ◇多彩なルートを追跡、各国で複製・翻訳された理由探る◇

鎖国下 海渡った日本地図 ◇多彩なルートを追跡、各国で複製・翻訳された理由探る◇ 小林茂(大阪大学名誉教授) / 日本経済新聞 2024年(令和6年)5月20日(月曜日)掲載...

続きを読む >>

ようこそ歴史史料の世界へ「長久保赤水が伊能忠敬より42年前に作った日本地図」

ようこそ歴史史料の世界へ「長久保赤水が伊能忠敬より42年前に作った日本地図」(長久保赤水顕彰会 会長 佐川春久) 『社会科NAVI vol.37』 以下、「電子ブック」...

続きを読む >>

公益社団法人 日本測量協会機関誌『SURVER』の2024年4月号が発行されました。

公益社団法人 日本測量協会機関誌『SURVER』の2024年4月号が発行されました。 特別企画として「令和6年能登半島地震」と題し、 国土交通省、国土地理院、海洋情報部、団体、民間企業...

続きを読む >>

約80名が参加しました。高萩市中央公民館で『赤水図を使った現代の地理授業』報告会 3月16日(土)

約80名が参加しました。高萩市中央公民館で『赤水図を使った現代の地理授業』報告会 3月16日(土) ◆ 『赤水図を使った現代の地理授業』報告会 約80名の皆様方が参加されま...

続きを読む >>

「赤水が地図大衆化」顕彰会長講演 生涯と功績学ぶ 茨城・水戸

「赤水が地図大衆化」顕彰会長講演  生涯と功績学ぶ 茨城・水戸 ◆『赤水が地図大衆化』 茨城新聞みと・まち情報館にて、長久保赤水の生涯と功績などについて学ぶ3回シリーズ講座が、いよいよ始...

続きを読む >>

長久保赤水顕彰会の会報「飛耳長目」34号を2月18日に発行しました。

長久保赤水顕彰会の会報「飛耳長目」34号を2月18日に発行しました。 遅くなりましたが、HPでそのデータを公開いたします。 2023年度 一般入試①(社会)海城中学高等学校に「赤水図」が登...

続きを読む >>

令和6年4月1日から高萩市歴史民俗資料館の愛称が「長久保赤水記念館」になりました。

令和6年4月1日から高萩市歴史民俗資料館の愛称が「長久保赤水記念館」になりました。 高萩市は昭和29年(1954)11月23日の市制施行から70年を迎えます。市制施行70周年を記念して、「長久保...

続きを読む >>

《歴史講座・参加者募集中》 ◆長久保赤水の生涯と功績 3回にわたり紹介

《歴史講座・参加者募集中》 ◆長久保赤水の生涯と功績 3回にわたり紹介 現高萩市出身で江戸時代の地理学者、長久保赤水(1717~1801年)の生涯と功績を紹介する歴史講座(全3回)が...

続きを読む >>