日比谷公園内の市政会館「領土・主権展示館」に長久保赤水の日本地図が展示されている

日比谷公園内の市政会館「領土・主権展示館」に長久保赤水の日本地図が展示されている。

平成30年1月25日(木)から、日比谷公園内の市政会館に、新しく「領土・主権展示館」(内閣官房領土・主権対策企画調整室)が開館しました。この会場に、戦後の日本領土確定にも役立った長久保赤水の日本地図(赤水図)が展示されています。この地図は、外務省のHPにも掲載されている弘化3年(明治大学蘆田文庫所蔵)の日本地図のレプリカです。都内にお出かけの際は、ぜひ、一度、お立ち寄りください。

【施設概要】

名称:領土・主権展示館

場所:市政会館地下1階(東京都千代田区日比谷公園1-3)

都営地下鉄三田線「内幸町」下車(A-7)出口より徒歩2分

東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」下車(A-14)出口より徒歩3分

東京メトロ丸の内線「霞が関」下車(B-2)出口より徒歩4分

東京メトロ千代田線「霞が関」下車(C-3)出口より徒歩3分

面積:約100㎡

開館時間:午前10時から午後6時まで

休館日:土日祝日、年末年始(12月29日から1月3日)

入場料:無料

(問い合わせ先)領土・主権展示館 電話:03-6257-3715

 

*また、2月20日(火)から3月10日(土)の日程で、国立公文書館と内閣官房領土・主権対策企画調整室の共催で、企画展が開催される予定です。この企画展では、国立公文書館所蔵の天保11年の実物の赤水図が展示される予定です。詳細が決まりましたら、また、お知らせします。